犬を飼う際にはどれくらいの費用が必要となるのかよく考えよう

犬は猫と並んで人気のペットです。
あの愛らしい表情や飼い主に忠実なしぐさなどを見ていると、これから飼ってみたいと思っている人もたくさんいることでしょう。
では、犬を飼うにあたって必要になる費用はいくらぐらいなのでしょうか。
ここでは犬の購入費を除外した一般的な費用を見ていきたいと思います。

飼い始めに必要な費用

まず飼い始めに必要な費用として挙げられるのが、畜犬登録費用、狂犬病予防注射、混合ワクチン接種、健康診断費用、そして生活用具の購入費といったものです。
このうち狂犬病予防注射や混合ワクチン接種、健康診断は毎年必要となります。
生活用具購入費は大型犬のほうが割高になりますが、その他の費用は犬の大きさに関係ありません。
これらの合計としてだいたい50,000~70,000円程度と考えられます。

飼い始めてから必要な費用

次に犬を飼い始めてから必要な費用です。
まず食費やおやつ、ペットシーツ、おもちゃ、その他の消耗品などの生活費として小型犬で8万円程度、大型犬となるとその1.5倍ほど掛かると見ておいたほうがいいでしょう。
そして医療費として狂犬病予防接種、混合ワクチン接種、フィラリア予防薬、ノミダニ予防薬、そして健康診断の費用として小型犬で40,000円程度が必要で、大型犬の場合はさらに若干多く掛かります。
これらを合計すると約13万円から20万円程度になり、それが毎年必要なのです。

臨時で必要な費用

この他に臨時で必要な費用があります。
たとえばトリミング費です。
自分で行なう人やあまり必要のない犬種もいますが、毛の長い品種では必要で、多くはプロに依頼します。
料金はお店などによりまちまちですが、だいたい5,000~10,000円程度となります。
また、繁殖を望まない場合にはオス犬の場合は去勢手術費用として10,000~25,000円、メス犬なら避妊手術に20,000~40,000円程度が必要です。
さらに病気やケガをした場合の治療費もバカになりません。
最近ではペット保険などもあるので万が一の際の金銭的負担は少なくなりますが、掛け金の支払いが負担となります。

その他にもいろいろな出費が考えられます。
犬を飼う際には、こういった費用負担の点も十分に考慮する必要があります。

犬を飼うなら躾をきちんとして犬が不幸にならないように考えよう

犬を飼うなら躾をきちんと
ペットを最近では飼っている人が多いですが、その中の一体どのくらいが犬を本当の意味で幸せに育てる事が出来てるか、という事は疑問ですね。
犬を飼う上では、犬がどう育つかというのは殆どの場合が飼い主の飼い方が影響するんです。

バカ犬はバカ飼い主の証拠

飼い犬だけど所構わずギャンギャン吠えたり人にうなったり無差別に人にじゃれついたり、最悪噛み付くなどをする躾のなっていない犬というのを見たことが或りませんか?ああいう犬をバカ犬、という風に呼びますが実はバカ犬、という物は本当はないんです。
犬、という生き物はすべてとても頭のいい生き物で性格的な個性はあっても頭の悪い犬というのはいません。
ならば、なぜあんな躾の悪い犬が居るのか?それは本当は飼い主の飼い方やしつけ方が間違っているからなのです。
つまり、躾のなってない犬というのは往々にして飼い主に問題があるということが言えるのです。

躾のなった犬を育てよう

犬というのは、人間とは全く違った社会概念を持った生き物です。
特に、集団の中で上下関係を常に重んじる生き物であり飼い主もそれに該当します。
ペットを可愛がりたい、という一心で甘やかし何でも好き放題にさせていると犬は調子に乗ったりするのではなく、この集団の中で飼い主はヒエラルキーが下だ、という風に認識するんです。
そうなると、犬にとって飼い主は自分より立場が下になるので言う事を聞いてやる義理はなく、飼い主を通して人間は基本的に自分よりヒエラルキーが下だと思ってしまうんです。
それが、ああいった行動の原因なんですね。

犬をしつけなければ不幸にする

こういった考えの犬に育つと、気安く近づいてくる人間に対して自分の方が立場が上なのにどういうつもりだ、と制裁する意味で吠えたり噛んだりするという犬が出来上がってしまうんです。
こうなって他人に迷惑をかけたり、怪我をさせてしまうことがあれば処罰されてしまうのは犬ですからね。
そうならないためにも躾はとても大事なんです。

犬を叱る時に気をつけたいことと有効な叱り方を教えます

有効な叱り方
犬を飼っていると、時々思わぬ悪戯をしたりトイレを失敗したり、いわゆる悪い事をすることもあります。
その際には、犬のために躾として叱ってあげなければいけないのですが、犬には犬にあったしつけ方という物があるんですね。

犬を叱るときの適切な行動

まず、犬を叱るときに人間に叱るようなやり方と同じやり方をしてはいけません。
一番やってはいけないことは叩くことですね。
人間の子供は、痛みによって学習しますが犬にとっては叩かれる事は恐怖を与えるだけで学習させることにはあまりつながりません。
そして、声を上げて怒鳴ったり叫んだりするような叱り方も実は犬にとってはあまり効果がないことなんですね。
犬はとても賢い生き物なので、一度適切に叱れば躾をちゃんとして上下関係としての信頼関係を築いていれば必ずそれで学習します。
犬が聞き入れやすい、学習しやすい叱り方という物はどんなものなのかを紹介しましょう。

犬を叱る時のやり方について

まず、犬を叱るときは低い声で厳しく強い語調で、尚且つ短く言い切るようにしてしかりましょう。
ダメ、いけない、NOと言った言葉を合わせるようにしましょう。
そして、この時大事なのが表情を怒ったようにすることです。
犬は、実は飼い主の表情をある程度見分けているので顔に出すというのは実はとても効果的な叱り方なんです。
犬を叱るときに大事なのは、その行為をしてはいけないんだということを学ばせることです。
なので、悪戯などを見つけたらすぐに叱るようにしましょう。
そして、犬を叱るときは長く叱らずビシっと短く強く叱ることです。

それでも言うことを聞いてくれないときは

あくまで上記の叱り方で言う事を聞いてくれるのは、元々信頼関係や躾がちゃんとしている場合のみです。
上のやり方で治らない場合は、口を掌で叩く、お尻の横を叩くなどが効果的な場合もあります。
ただし、1回叱るごとに1回以上は絶対に叩かないように気をつけてください。

最近の記事

  1. 犬の歯周病
  2. マンションのペット事情
  3. ダックスフンドとマラソン

カテゴリー

  1. ダックスフンドとマラソン

    ブログ

    ハーフマラソンに出場しているのでダックスフンドといつもトレーニング
  2. 犬の歯周病

    ブログ

    【長寿秘訣】犬にも歯磨きが重要!犬の歯周病に要注意!
  3. マンションのペット事情

    ペット疑問

    マンション暮らしでペットを飼いたい場合はどうすべきか
PAGE TOP