犬の寿命

ペット疑問

気になる愛犬の寿命。犬の大きさで寿命が違う?

犬の寿命は何歳くらいかご存知ですか?実は、犬の大きさで違うのですよ。自分が飼っている犬種の寿命、気になりますよね。
そこで犬の寿命についてまとめてみました。犬の大きさ、犬種別の他に寿命に関係することって何なのでしょうか。

犬の年齢

犬の歳をとるスピードは、人間と全く違います。では犬の歳は人間と比べてどのような違いがあるのでしょうか。比較してみましょう。

人間 小型犬
中型犬
大型犬
1歳 15歳 12歳
2歳 24歳 19歳
3歳 28歳 26歳
5歳 36歳 40歳
7歳 44歳 54歳
10歳 56歳 76歳
12歳 64歳 89歳
15歳 75歳 110歳

この表からわかるように、犬は人間よりも年老いていくスピードが速い動物です。それも、小型犬・中型犬より大型犬のほうが早く進みます。

大型犬は、成犬になるまでは小型犬・中型犬よりゆっくり進んでいきますが、成犬になってからは早く進み、たった15年で110歳分の年を取るといわれています。

一般的な犬の寿命

犬は、年老いていくスピードが速い分寿命も早くきてしまいます。では、小型犬から超大型犬まで寿命はどれだけの違いがあるのでしょうか。

○小型犬
平均寿命は14~15歳と最も長く、10歳前後で老化が始まります。

小型犬は室内で飼われていることが多いので、気温など環境変化に影響されることが少なく、比較的快適に過ごしていることが、寿命が長い理由のひとつといえます。また、体が小さいので足や腰の負担が少なく寝たきりになることは少ないでしょう。

○中型犬
平均寿命は13~14歳です。9歳前後で老化が始まります。

中型犬も、近年では小型犬と同様に室内でかわれていることも多いようです。寿命は小型犬とそんなに差がないですが、少し短くなっています。

○大型犬
平均寿命は10~12歳です。7歳前後で老化が始まります。

大型犬は体が大きい割に心臓や肺の機能が弱く、酸素が十分に行き渡らないため細胞の老化が早いといわれています。

また、体が大きいことで、足や腰に負担がかかります。老化が進むと足や腰、関節などが弱り大きな体を支えきれずに寝たきり状態なることが多くあります。寝たきり状態になると極端に体力を失うため、これも短命の理由のひとつになっています。

大型犬に起こりやすい病気で胃捻転があります。胃がねじれてしまう病気で致死率が高いことから、寿命が短いともいわれます。

○超大型犬
平均寿命は最も短い7~10歳です。6歳前後で老化が始まります。

超大型犬の寿命が短い理由は大型犬とほぼ同じですが、体が大きければ大きいほど老化が早く進み、それだけ短命になります。

犬種別で見る犬の寿命

体の大きさで寿命が違うのはわかりました。では犬種別でみるとどうでしょうか。長生きする犬種はいるのでしょうか。

○犬種による寿命ランキング

☆1位
・ダックスフンド

☆2位
・パピヨン
・トイプードル
・ポメラニアン

☆3位
・マルチーズ
・ミニチュアシュナウザー
・ヨークシャテリア

○犬の寿命ギネスのランキング

☆1位・25歳
・チワワ
・雑種

☆2位・24歳
・トイプードル
・マルチーズ
・ヨークシャテリア

☆3位・23歳
・シーズー
・パピヨン
・ポメラニアン
・雑種

やはり上位は小型犬が多いようです。

雑種犬と純血種

犬種のほかに、雑種犬と純血種では雑種犬の方が、寿命が長いといわれています。その理由として、純血種は血統を守るために近親交配が行われるので、犬種ごとになりやすい病気が引き継がれ、遺伝してしまうというのがあります。

一方雑種は、親同士が違う犬種ということで遺伝的な病気の影響を受けにくいとしています。なお、雑種犬の中にはミックス犬も含まれていて、ミックス犬も同じ理由で比較的寿命が長いといわれています。

去勢・避妊手術と寿命の関係

去勢手術や避妊手術をしている犬は、そうでない犬よりも寿命が長くなる傾向にあります。去勢・避妊手術をすることによって、防げる病気があるからです。

○去勢手術の場合
去勢手術によって、前立腺肥大や肛門周囲線種、睾丸腫瘍、会陰ヘルニアなどの病気を予防するといわれています。もともと去勢手術は望まない繁殖を防ぐものですが、病気の予防のために手術を推奨している獣医師もいます。

○避妊手術の場合
避妊手術をすることによって、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症などの病気を防ぐといわれています。いずれも命にかかわる病気なので、手術をする最大のメリットとされています。

犬の寿命についてまとめ

近年、医療の発達やドッグフードの改良によって犬の寿命は伸びてきています。とはいえ、人間よりはるかに短いことに変わりはありません。できれば考えたくはないですが、一緒に暮らしていると犬の寿命が先に来てしまうのが現実です。

上にあげた「一般的な犬の寿命」は平均的な統計を出したもので、もちろん個体差があります。しかし、超大型犬は小型犬の約半分ほどと、本当に短いものになっています。寿命が短い分、濃いものにしてあげたいですよね。

犬に限られた寿命をまっとうしてもらうためにも、ストレスなく穏やかに生活させてあげてほしいと思います。

ピックアップ記事

  1. 気になる愛犬の寿命。犬の大きさで寿命が違う?
  2. 【長寿秘訣】犬にも歯磨きが重要!犬の歯周病に要注意!
  3. 頭を悩ませる飼い主も多い犬のトイレトレーニングの注意点やポイントについて考える
  4. ハーフマラソンに出場しているのでダックスフンドといつもトレーニング
  5. マンション暮らしでペットを飼いたい場合はどうすべきか

関連記事

  1. マンションのペット事情

    ペット疑問

    マンション暮らしでペットを飼いたい場合はどうすべきか

    ペットを飼いたいと思っている人にとって、大きなネックとなっているが居住…

最近の記事

  1. 気になる愛犬の寿命。犬の大きさで寿命が違う?
  2. 犬のダニについて『ダニの種類や症状、予防方法を徹底解説』
  3. 頭を悩ませる飼い主も多い犬のトイレトレーニングの注意点やポイ…
  4. 【長寿秘訣】犬にも歯磨きが重要!犬の歯周病に要注意!
  5. マンション暮らしでペットを飼いたい場合はどうすべきか
  1. 犬の寿命

    ペット疑問

    気になる愛犬の寿命。犬の大きさで寿命が違う?
  2. 犬のダニ

    犬コラム

    犬のダニについて『ダニの種類や症状、予防方法を徹底解説』
  3. マンションのペット事情

    ペット疑問

    マンション暮らしでペットを飼いたい場合はどうすべきか
  4. ダックスフンドとマラソン

    ブログ

    ハーフマラソンに出場しているのでダックスフンドといつもトレーニング
  5. 犬のトイレトレーニング

    しつけについて

    頭を悩ませる飼い主も多い犬のトイレトレーニングの注意点やポイントについて考える
PAGE TOP